お気楽映画のすすめ

おすすめ映画を色んなカタチで紹介するブログ

小説が原作のおすすめ映画【女性作家編】

どうも、こんにちは。ズバ男です!

今回は『小説が原作のおすすめ映画【女性作家編】ということで小説が原作になっている映画のなかで当サイトが今まで紹介してきた小説家さんのオススメ映画を紹介していきます。

 

 

女性作家が原作のおすすめ映画 

【有川浩】

ライトノベルレーベル出身の作家さんだが、”ラノベっぽくない”作風から”大人向けライトノベル”の開拓者と言われている。代表作の「図書館戦争」シリーズからみられるようにSF要素の中に恋愛要素を盛り込んだ内容のものが多くあり、”ベタ甘”と評される恋愛描写で女性を中心に読者を獲得している。テンポの良さと登場人物の明るい会話などで老若男女問わずファンが増えている。

オススメ第1位:『図書館戦争 THE LAST MISSION』

大ヒットした映画『図書館戦争』の続編で、前作よりパワーアップしたアクションシーンと新たに加わったキャストがさらに作品を盛り上げています!恋愛要素は薄めになっていて、老若男女問わずどの世代が観ても楽しめる!!

それ以外の作品の良作揃いですよ!

www.zubazubao.com

 

 

【恩田陸】

年間に300冊を読むほどの愛読家でもあり、その読書量からなる知識で描くジャンルは多岐にわたります。緻密なまでに練り込まれたストーリーに繊細までに描かれた心理描写、そして”ノスタルジアの魔術師”と呼ばれるほどに圧倒的な幻想的な世界観は読者をどんどん引き込みます。

オススメ第1位:『蜂蜜と遠雷』

実写化が難しいとされていた作品を見事までに映像化させた渾身の1本です!

文章で表現されていた”ピアノの音”を日本を代表とするピアニスト達が奏でて、それを役者さんたち魂の演技で再現させた”音”が見事で鳥肌立つこと間違いなしの傑作です!!

www.zubazubao.com

スポンサーリンク

 

【角田光代】

リアリティある物語を描いた作品が多く、女性の心理描写には多くの人が心動かされるほど共感すると評価されています。恋愛小説が多いですが衝撃的な内容の本も書いており、最近ではエッセイも数多く執筆していてマルチに活動しています。

オススメ第1位:『八日目の蝉』

加害者視点で描かれた作品ですが、愛について考えされる重~いテーマの映画です。主演の井上真央の淡々とした演技と表情が作品により深みと現実の過酷さを脚色していて、観る人の心を揺さぶりますよ。

www.zubazubao.com

 

 

【辻村深月】

若年層の内面を繊細かつ的確に捉えた語彙力はさすがで若い頃に経験した複雑で独特な心を思い出す読者も多いはずです。不幸が降りかかる物語が多いですが最後に希望が差し込み、勇気と温かい気持ちになれる素敵な作品ばかりです。作者が藤子不二雄の大ファンという事もあり、藤子ワールドさながらに登場人物が別の作品にリンクする世界観もうれしいですね。

オススメ第1位:『朝が来る』

リアリティある内容と臨場感ある映像でまるで実話と感じるほどです。主要キャストの永作博美と井浦新の存在感がさらにリアルさを昇華させています。重いテーマの作品で”命”の大切さに不思議な気持ちと前向きさが出る素晴らしい映画です。

www.zubazubao.com

スポンサーリンク

 

【三浦しをん】

三浦しをんさんの小説は一風変わったことを題材にした作品が多い。家族を描いた作品も多く、コミカルなテイストでほんわかした作風が魅力的です。

オススメ第1位:『WOODJOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常』

三浦しをんさんの小説を原作に矢口史靖監督が脚本した映画です。魅力ある原作を矢口ワールド全開の楽しい映画に仕上げていて、観た人全員を明るくする素敵な作品となっています。

www.zubazubao.com

 

 

【湊かなえ】

サスペンス作品が多く、緻密な心理描写を活かした伏線が多くありその中でも女性の内面を描いた描写は素晴らしい。”イヤミスの女王”と呼ばれるほどハッピーエンドな結末が少ない。

オススメ第1位:『告白』

中学生が多く登場する作品でR15+作品というある意味異作となった本作だがその出来栄えは素晴らしく日本アカデミー賞4冠という偉業を達成した。原作よりもさらに”イヤミス”となった映画版は必見ですよ。是非元気な時にご鑑賞ください(笑)

www.zubazubao.com

スポンサーリンク

 

【宮部みゆき】

今までに数多く映像化されていて、多くの人に知られている日本を代表する小説家の1人です。色んなジャンルを手掛けていますがその中でも多いのがサスペンスです。文体も安定していて読みやすく、普段小説を読まない人にもおすすめな作品ばかりです。

オススメ第1位:『ソロモンの偽証 前編・事件』

二部作構成で公開された映画の前半部分にあたる作品で後半へのつなぎ方が絶妙で一気に最後まで観てしまうぐらい見事です。作品内容から伝わる痛烈なメッセージと散りばめられた伏線が観る人の心を鷲掴みにしてどんどん引き込んでいくミステリー作品の傑作です!

www.zubazubao.com

 

 

【吉本ばなな】

代表作に恋愛小説が多いですが、日常を描いたものからファンタジーとかなりジャンルの幅が広く、最近ではエッセイストとしてもかなり活躍している。独特な世界観を描いたものが多いのも特徴ですが、書く文章は女性らしい優しさがあり非常に読みやすくどんどんと読み進めていくことができます。

オススメ第1位:『つぐみ』

原作小説は吉本ばななさんの代表作のひとつで平成初のミリオンセラー作品になった、世代の人にはかなり懐かしい作品です。30年以上も前の映画ですが主要キャストの若さと魅力あふれる演技と雰囲気に懐かしさの中に時代を感じさせない夏の定番映画のひとつです!

www.zubazubao.com

スポンサーリンク

 

 

【まとめ】

いかがでしたか?

今回は女性作家さんの小説が原作の映画を紹介しました。女性作家さんが書く小説は人物描写が上手に表現されたものから独特の世界観を巧みな文章力で表現されたものなど、どれも繊細で柔らかい文体のものが多いですよね。そこを忠実に映像化してある作品や映画化や映画オリジナルの要素を加えたものなど多彩な作品が多くあります。

今回紹介した作品以外にもたくさんの素晴らしい映画は世の中にありますので、みなさんにひとつでも多くの出会いになるのような映画をこれからもどんどんと紹介していきますのでよろしくお願いします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

こちらから無料登録すると紹介した映画が無料で観れるかも