小説原作

映画『沈黙のパレード』ロケ地やキャストの紹介と原作の役どころ

どうも、こんにちは。ズバ男です!

この記事は映画『沈黙のパレード』を観る前に知っておきたい事として、注目のキャストからロケ地となった場所など見どころをまとめたものです。

映画を観る前に知っておきたいことをネタバレなしで紹介していきます。もちろん観た後でも楽しめる内容を徹底紹介していきます。

これを読めば映画『沈黙のパレード』が120%楽しむことができるはずです!※ネタバレはないので(あらすじ程度まで)ご安心ください。

作品情報

原作は東野圭吾さんの小説「ガリレオ」シリーズ第9弾で、2007年にフジテレビの「月9枠」で福山雅治さん主演で初めて実写化されると爆発的に人気のシリーズとなりました。


映画も3作目となり、9年ぶりのシリーズとなる今作も話題となっています。そして、内海薫を演じた柴咲コウが2008年公開の『容疑者Xの献身』以来、約14年ぶりに同役で復活するのが注目されています。

原作小説の『沈黙のパレード』は、映画化1作目の直木賞作品『容疑者Xの献身』に負けず劣らずの傑作で、個人的には実写化に適しているのは今作『沈黙のパレード』の方です。本格ミステリーの中にある人間ドラマがとにかくスゴイですよ。後半の展開は傑作ですよ!

 

 

【ストーリー】

数年前から行方不明になっていた女性の死体遺棄事件を捜査する、警視庁捜査一課の刑事・内海薫(柴咲コウ)。先輩の草薙俊平(北村一輝)がかつて担当した少女殺害事件で無罪となった男が容疑者となるが、今回も証拠不十分で釈放される。やがて男は女性の遺族たちが暮らす町に現れて彼らを挑発した後に、何者かに殺されてしまう。男の殺害への関与が疑われる人物にはアリバイがあり、その死因も特定できない。捜査に行き詰まった内海は、アメリカ帰りの物理学者・湯川学(福山雅治)に助けを求める。

(シネマトゥデイより引用)

 

注目のキャスト

映画『沈黙のパレード』は、14年ぶりにガリレオ扮する福山雅治と草薙俊平扮する北村一輝に、内海薫扮する柴咲コウの3人がそろいました!

やはりこの3人の「ガリレオ」は楽しみですよね。主題歌もKOH+(柴咲コウと福山雅治のユニット)が帰ってきました!

これは期待するしかないですね!

 

【キャスト一覧】

役名俳優
湯川学福山雅治
内海薫柴咲コウ
草薙俊平北村一輝
並木祐太郎飯尾和樹
並木真智子戸田菜穂
並木佐織川床明日香
並木夏美出口夏希
戸島修作田口浩正
高垣智也岡山天音
蓮沼寛一村上淳
宮沢麻耶吉田羊
新倉直紀椎名桔平
新倉留美檀れい

レギュラーキャストはもちろんですが、今作の新キャストもフジテレビ系らしく豪華なものとなっています。実力派から若手の俳優さんまで個性豊かなキャスティングとなったので、何度も観て楽しむスルメ映画にもなりそうですね。

 

 

主要キャストの役どころを予習

ここでは、映画の主要キャストを原作での役どころをあわせて紹介していきます。どんなキャラクターが登場するか予習&復習しておきましょう。

 

湯川 学:福山雅治

・物語の主人公。帝都大学理工学部物理学科教授。

・同級生の草薙刑事からいつも難事件を持ち込まれるが、次々と天才的な物理学の知識で解決していく

・すべてを理論的に行動し「ガリレオ」と呼ばれるちょっと変人気質

 

内海 薫:柴咲 コウ

・警視庁捜査一課の刑事であり、草薙の部下

・湯川とは真逆で直感的に行動し、正義感あふれるタイプ

 

草薙 俊平:北村 一輝

・警視庁捜査一課の警部で、湯川と同じ帝都大学卒の同級生

・湯川とは長い付き合いで、難事件という無茶ぶりをいつも頼んでいる。今作ではその友情がひとつカギとなる。

 

並木 祐太郎:飯尾 和樹

・殺害された女子高生の父で、菊野商店街の定食屋「なみきや」を営んでいる

・作る料理は絶品で常連さんも多い

 

並木 真智子:戸田 菜穂

・並木祐太郎の妻で、「なみきや」では接客の他に調理もしている

 

戸島 修作:田口 浩正

・祐太郎の幼なじみであり、悪友でもある。現在は冷凍食品会社「トジマ屋フーズ」を営んでいる。

 

高垣 智也:岡山 天音

・菊野市にある印刷会社デザイン部に勤めており、実は殺された女子高生・並木佐織の元恋人

 

蓮沼 寛一:村上 淳

・かつて少女殺害事件で逮捕されたが黙秘をし、無罪となった。今作で佐織を殺害した容疑者とて浮上する。

 

湯川学と内海薫の性格真逆コンビが繰り広げるコミカルな会話劇が楽しいシリーズでもあるので、今作はそこにも注目ですね。湯川と友人でもある草薙刑事との友情が事件を思いがけない方向へ突き動かす。

 

 

ロケ地の考察

ここでは映画の撮影場所を分かっているところを紹介していきます。

とりあえず今までも撮影に使われた場所を予習していきましょう。

過去作のロケ地を振り返る

【ロケ地】【設定】
京都大学吉田キャンパス湯川学が勤務する帝都大学の外観
横浜市立大学金沢八景キャンパス湯川が学生たちに黒板を使って講義している場所
東京海洋大学越中島キャンパス湯川がゼミの学生たちと研究をしている場所
東京都監察医務院監察医城ノ内桜子(真矢みき)が勤めている
中央工学校附属日本語学校草薙俊平や内海薫の勤務する貝塚北警察署
市ヶ谷フィッシュセンター湯川学がよく釣り堀をしている場所

 

『沈黙のパレード』のロケ地

今作は撮影期間に一年以上を要しています。ふつう映画の撮影は長くても3カ月ほどなので、かなり長くかかっていますよね。

その理由は売れっ子ばかりをキャスティングしたのに加え、新型コロナウィルスの影響でスケジュールを組むのが難しかったところです。普段なら一般の人を多くエキストラ募集することは少ないですが、スケジュールが押していたこともあり、大々的に募集があったようです。そして一部ファンの人が撮影場所に殺到するハプニングもあったようです

 

①静岡県牧之原市

本作の事件が起きる仮装パレードのシーンを撮影するため、2022年のGW期間中に大々的にエキストラを募集し撮影したようですね。

 

②茨城県猿島郡境町

作中にあるのど自慢大会の撮影をするため、観客のエキストラを募集していました。期間は2021年8月で作中の設定では、2017年8月となっています。

撮影場所は野次馬が多くて一時騒然となったようですが、2022年の5月ごろに無事に撮影を終了しました。

映画が公開前ということで今のところあまり情報がないですが、今後も分かり次第更新していきますので、たまに寄って見てくださいね。

 

 

まとめ

原作小説を基にしたキャラクターの紹介とロケ地についてを紹介してきました。

初期メンバーの3人(福山雅治&柴咲コウ&北村一輝)が揃ったので、特に過去作からのファンにはこれ以上ないキャスティングとなりましたね。

「ガリレオ」シリーズは親しみが湧くように何度も登場する撮影シーンや、個性あふれる登場人物が東野圭吾原作小説の作品を昇華させるように魅力となっています。今作も今までに出てきたロケ地が登場するかもですね。

是非とも9年ぶりとなる新作映画を楽しみ尽くしてください!

東野圭吾さんが書く小説は、どれも論理的に構成されたミステリーの中に人間の闇を描いたドラマが心に染みる傑作が多いです。この映画がどんな人間ドラマを新たに生み出すか楽しみにしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おすすめ【 東野圭吾 原作の映画 】ベスト12 この記事は『おすすめ【東野圭吾原作の映画】ベスト12』ということで、小説家・東野圭吾さんの小説を映画化したもの中から、特におすすめしたい...

 

\映画を安く見る方法も配信中!/