お気楽映画のすすめ

おすすめ映画を色んなカタチで紹介するブログ

【ネタバレ】映画『ワンダーウーマン 1984』エンドロールについて考察

どうも、こんにちは。ズバ男です!

この記事は映画『ワンダーウーマン 1984』のエンドロール途中に出てくるキャストについて考察したものです。

ネタバレを含む記事となりますので、未鑑賞の人はご注意ください。

 

冒頭のシーンについての解説ブログ

www.zubazubao.com

 

未鑑賞の人には予習ブログもありますよ

www.zubazubao.com

 

 

スポンサーリンク

 

 

 【エンドロール途中に出てくる女性の正体は?】

◆伝説の女戦士・アステリア

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)では恒例になっていますが、本作はDC映画(DCEU)なので何も無いかなーって思っていましたが、 エンドロール途中におまけ映像が差し込まれていました!

 

エンドロール中盤にブルーのコートを着た女性が、颯爽と歩く姿が映し出されます。

倒れてきた電柱が子供にぶつかりそうになった瞬間、その女性が片手で軽々とその電柱を受け止めます。

いきなり出てきたこの女性は誰なの?ってなりますよね。

 

その女性は何と!劇中にも出てきた、伝説の女戦士「アステリア」だったんです!!

 

◆アステリアとは誰?

アステリアは、本作でダイアナ(ワンダーウーマン)が身纏っていた黄金聖衣の持ち主で、古代アマゾン族の反乱から生き延びた伝説の女戦士の名前です。

本作に登場したアステリアがその伝説の女戦士そのものか、その子孫かは不明です。

 

冒頭でダイアナの少女時代に行われた競技大会の優勝者だった女戦士の可能性もありますね。ちょっと思わせぶりでしたもんね。

それにしてもなんでダイアナの家に黄金聖衣がある設定にしたんでしょう・・・。

続編への伏線の可能性もあります。

f:id:zubao:20201221230300j:plain

出典元:ワンダーウーマン 1984 : フォトギャラリー 画像(5) - 映画.com 

 

◆元祖ワンダーウーマン

そのアステリア役を演じているのはリンダ・カーター。

1975年~1979年放送のドラマ『ワンダーウーマン』で初代ワンダーウーマンを演じていた人なんですよ!

パティ・ジェンキンス監督のリンダ・カーターへのリスペクトを感じますね!


Wonder Woman Spins! - Third Season

 

その他にワンダーウーマンを演じたのは、キャシー・リー・クロスビーと、リンダ・ハリソンです。

 

◆続編について

ガル・ガドット版のワンダーウーマンは3までの製作がほぼ決定して、監督もパティ・ジェンキンスの続投がほぼ確定しています。しかし劇場公開が出来ない場合は降板することも示唆していますので、今後の情勢次第では何らかの変更があるかもしれません。

 

そのパティ・ジェンキンス監督はこの三部作は完全に独立したものになると公言していることもあるので、今回特別出演したリンダ・カーター扮するアステリアが続編に登場するかは微妙なところです。

 

他のDC映画に絡んでくる可能性もあるので今後の作品にも注目したいですね!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

www.zubazubao.com