お気楽映画のすすめ

おすすめ映画を色んなカタチで紹介するブログ

映画【TENET テネット】ネタバレなしで観る前に知るべき5つのこと

どうも、こんにちは。
本日は『TENET テネット』を観る前に知るべき5つのことです。

今回は映画レビューでなく、予習用としてお役にたてれば幸いです。 

※完全に”ネタバレなし”なのでご鑑賞前の方も安心してお読みいただけます。

 

2020年最大のヒットとも予想されている『TENET テネット』。

今回は監督であるクリストファー・ノーラン氏のことを中心に映画『TENET テネット』の魅力を紹介していきます。

f:id:zubao:20201106225718j:plain

出典元:TENET テネット : フォトギャラリー 画像 - 映画.com

 

スポンサーリンク

 

 

------------------

【予習1】クリストファー・ノーラン監督とはどんな人?

[プロフィール] イギリス出身/1970年7月30日

クリストファー・ノーラン監督は映画ファンの中でも人気で作る映画がどれも難解すぎて、それぞれ賛否はあると思いますが【現代のキング・オブ・ハリウッド】とも言われています。

ターニングポイントとなったのは監督2作目の『メメント』です。

その鬼才ぶりに世界中は震撼しました。

私も初めて観たときはすごく衝撃的でした。それまでに観た映画で1番理解不能の映画でした・・・。

こんな思考を映像化できる人がいるんだ、と驚きました。

 

その後、『ダークナイト』シリーズ、『プレステージ』、『インセプション』、『インターステラー』と次々にヒット作を世に送り出しています。

 

『ダンケルク』では自身初のアカデミー賞監督賞にもノミネートされ、名実ともに映画界でもっとも注目される監督の1人となりました。

 

『テネット』では『インターステラー』以来の脚本も担当しており、また難解な内容になると予想されています。



------------------ 

【予習2】クリストファー・ノーラン監督は頑固でこだわりがすごい

クリストファー・ノーラン監督はデジタル撮影主流の現代では珍しく、タランティーノ監督やスピルバーグ監督などと並ぶ、【完璧なアナログ・フィルム主義者】です。

詳しくは、フィルムからデジタルへの変遷を描いたドキュメンタリー映画『サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマヘ』を観るとよくわかります。

関心するぐらい頑固なのが分かると思います(笑)。

こだわりは撮影に使われているカメラにもあります。

35ミリフィルムを使用してIMAXフルスクリーンに引き伸ばすのではなく、IMAX(70ミリフィルム)カメラを使用して全編撮影をしているのです。(すごく大きくて重そうです)

カメラの価格はなんと1億円もするようです(驚)

CG嫌いでも有名で『ダークナイト ライジング』では、CGを一切使わず特撮してVFXなどの技術を駆使して撮影しています。

飛行機墜落シーンも本物の飛行機を使って、空撮したそうです。

今観ても、ものすごい迫力なので未鑑賞の方はぜひ観てください。

 

そんな頑固な監督がつくった映画だからでしょう・・・。

その映像は大迫力で臨場感が半端なく、間違いなく最高の映像体験が出来ます。

 

 

------------------ 

【予習3】ノーラン組とは何?

そんなこだわりが強い監督にはスペシャルなスタッフが揃っています。

 

撮影監督・・・ホイテ・ヴァン・ホイテマ

『インターステラー』『ダンケルク』に続いてのタッグとなる。

最近だとブラッド・ピットの『アド・アストラ』の撮影監督もしています。

 

プロデューサー・・・エマ・トーマス

クリストファー・ノーランの奥様でいつも一緒に仕事している。

『ジャスティス・リーグ』では製作総指揮もしている。

 

◇美術監督・・・ネイサン・クロウリー

ノーラン作品の常連。

2006年には『マリアントワネット』でオスカーに輝いています。

 

◇衣装デザイン・・・ジェフリー・カーランド

ノーラン作品以外でも数多くの作品に参加している。

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』にも参加している。

 

視覚効果スーパーバイザー・・・アンドリュー・ジャクソン

歴代大統領と同じ名前のですね。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』など数多くの映画に参加している。

 

音楽・・・ルドウィグ・ゴランソン

『ブラックパンサー』でグラミー&アカデミーのW受賞した。

ノーラン作品常連のハンス・ジマーから交代して、どんな音楽が映画を盛り上げるか楽しみですね。

 

スタッフは全員素晴らしい技術と実績があり、それがノーラン映画を支えています。

------------------

スポンサーリンク

 

 

【予習4】キャストも超豪華?

 

ジョン・デヴィッド・ワシントン/役名:名もなき男

『ブラック・クランズマン』でゴールデングローブ賞映画部門の主演男優賞にノミネートされた実力派。

父親はなんとあのデンゼル・ワシントンです。

 

◇ロバート・パティンソン/役名:ニール

『ハリー・ポッター』シリーズでセドリック・ディゴリー役だった。

『ザ・バットマン(2021)』でバットマンに抜擢されている。

 

エリザベス・デビッキ役名:キャット

『華麗なるギャツビー』でジョーダン・ベイカー役だった。

なんと身長は190cmもあります。

 

ケネス・ブラナー/役名:セイター

『ダンケルク』などにも出演していて、監督業もしている。

監督としては、『マイティ・ソー』や『シンデレラ(2015)』などがある。

 

アーロン・テイラー=ジョンソン/役名アイヴス

若い頃から数多くの映画に出演しているイケメン俳優 。

今回も重要な役での出演になりそうですね。

『ザ・ウォール』では出演者3人という映画で主演をしています。

 

あとノーラン映画に忘れてわならないのはマイケル・ケインです。

『ダークナイト』シリーズでは忠実な執事アルフレッド・ペニーワース役で名演をみせていました。(この人めっちゃ好きです。いい味だしてますよね。)

 

 

------------------

【予習5】『TENET テネット』ってどんな内容なの?

 

あまりネタバレしたくないので一言で・・・

時間に逆行して、地球の危機を救うスパイ大作戦!

そんな映画だと思います・・・

 

興味がある方はスペシャル予告編をご覧ください↓↓↓


映画『TENET テネット』ノーラン監督メッセージ&スペシャル予告編

 

------------------

スポンサーリンク

 

 

【まとめ】難解映画は何回観る?

 

今作は製作費が2億ドルの超大作です。

CGなども一切使ってないので、爆発シーンや特撮シーンでお金も時間も掛けていて、本物の迫力は必見ですよ。

 

全編IMAXカメラをつかった映像は、ぜひ!劇場で体験してください!!

f:id:zubao:20201106230424j:plain

出典元:TENET テネット : フォトギャラリー 画像(3) - 映画.com

 

記事を読んでいただいて、なんとなく監督が頑固で、スタッフがスペシャルで、キャストも豪華な、超絶難解面白映画になりそうなことはわかっていただけたんじゃないでしょうか?

 

とにかく面白いはずです!絶対にみてくだい!!できればネタバレ無しで!!!

 

私はノーラン映画を観るとき(1回目)は無心で観ます。

考えても分からないですから・・・

2回目以降に考察しながら楽しんでいます。

私の予想ですが、クリストファー・ノーラン監督は『007』シリーズの大ファンということなので、将来的にジェームズ・ボンドがタイプスリップしちゃうかも(笑)

 

 

 最後まで読んでいただきありがとうございました。 

 

 

スポンサーリンク