お気楽映画のすすめ

おすすめ映画を色んなカタチで紹介するブログ

【予習用】映画『ナイル殺人事件』を観る前に知るべき5つのこと

どうも、こんにちは。ズバ男です!

この記事は映画『ナイル殺人事件』を観る前に知っておきたい事として、原作「ナイルに死す」の事や映画のあらすじや登場人物の予習まで、映画を観る前に知っておきたいことをまとめたものです。

これを読めば映画を観る前の予習がバッチリ出来て、より映画が面白くなること間違いなしです!

※ネタバレはないので(あらすじ程度まで)ご安心ください。

f:id:zubao:20201031235953j:plain

出典元:ナイル殺人事件 : 作品情報 - 映画.com

 

 

この作品は映画『オリエント急行殺人事件(2017)』の続編で、ミステリーの女王 アガサ・クリスティの「ナイルに死す」が原作の映画です。

【予習1】原作について

◆原作「ナイルに死す」について

アガサ・クリスティが1937年に発表した推理小説で、名探偵ポアロシリーズ長編33作の中で、15作目の作品です。

この作品はミステリー小説なんですが、殺人が起きるまでなんと200ページあるんです。男女の三角関係についてや登場する人物描写がよく出来ていて、それが物語の主となっています。その物語に伏線やミスリードが多量に含まれていてさらに作品に深みを持たせています。ホントに人物描写が細やかで誰が犯人でもおかしくないような感覚になりますよ。

ただのミステリーを超えた面白い物語になっていますのでお楽しみに!

映画を観る前に原作の小説を読もう!

 

 

【予習2】作品情報

2020年12月18日公開予定 公開延期になりました。

映画『オリエント急行殺人事件』の続編にあたる作品で、エジプトのナイル川を巡る豪華客船を舞台に起きた殺人事件に名探偵ポアロが挑むミステリー映画第2弾。

アガサ・クリスティ生誕130周年名探偵ポアロシリーズ100周年を記念すべき映画にふさわしく超豪華なキャストが集結した、”愛と嫉妬と欲望が絡み合う禁断のトライアングル・ミステリー”です。

 

 

【予習3】あらすじ


映画『ナイル殺人事件』日本版特報【禁断のミステリー・クルーズ編】12月18日(金)公開

エジプトのナイル川をめぐる豪華客船の中で、美しき大富豪の娘リネットが何者かに殺害される事件が発生。容疑者は彼女の結婚を祝うために集まった乗客全員だった。名探偵エルキュール・ポアロは“灰色の脳細胞”を働かせて事件の真相に迫っていくが、この事件がこれまで数々の難事件を解決してきたポアロの人生をも大きく変えることになる。(映画.comより引用)

 

 

【予習4】スタッフ

監督/製作/主演・・・ケネス・ブラナー

[プロフィール]イギリス出身/1960年12月10日

2020年公開の『TENET テネット』のセイター役で知名度がぐーんと上がった俳優さんです。本作でも前作と同様に監督から製作そして主演まで務めるマルチな才能の持ち主です。学生時代からかなりの秀才で数多くの舞台にも出演しています。そのことから”ローレンス・オリヴィエの再来”とも称される逸材です。監督業としては『マイティ・ソー』や『シンデレラ(2015)』などを手掛けています。

 ----------

◇脚本・・・マイケル・グリーン

アメリカの脚本家。前作『オリエント急行殺人事件』に引き続き脚本を担当しています。1990年後半よりTVドラマシリーズの脚本やプロデュースをしていて、『ヤング・スーパーマン』や『HEROS』などを手掛けている。映画作品は『LOGAN/ローガン』、『ブレードランナー2049』、『野生の呼び声など』などの大作も脚本担当している。

  ----------

その他のスタッフもほぼ前作と同じで、製作総指揮リドリー・スコットをはじめ再集結しました。

 

 

【予習5】登場人物紹介

ここで、映画に登場する人物を予習しておきましょう。なんとなく覚えておくだけで映画により集中できますよ!

 

◇ケネス・ブラナー役名:エルキュール・ポアロ

ミステリーの女王アガサ・クリスティが生み出した名探偵ポアロは「灰色の脳細胞」を駆使し難事件を次々と解決します。口ひげがトレードマークでオシャレさんのベルギー出身の世界的名探偵です。このシリーズでは白髪交じりの容姿にアクションをしたりと色んなアレンジがされています。

 

◇ガル・ガドット役名:リネット

大富豪の娘で夫のサイモンと新婚旅行でエジプトを訪れていた。勝ち気で何でも思い通りにならないと気がすまない性格で敵も多い。

 

◇アーミー・ハマー役名:サイモン

リネットの友人であるジャックイーンと婚約していたが、リネットと結婚することになる。新婚旅行中もジャックイーンにつきまとわれている。

 

◇エマ・マキー役名:ジャックイーン

親友だったリネットに婚約者のサイモンを奪われ、怒り心頭の彼女は二人の新婚旅行に銃を隠し持って現れる。

 

◇トム・ベイトマン役名:ブーク

前作から引き続いての出演。ベルギー人で鉄道会社の重役。古くからのポワロを知る友人。

 

◇レティーシャ・ライト役名:ロザリー

事件の容疑者となる作家サロメの娘。幸せそうなリネットを妬んでいる。

 

◇アネット・ベニング/役名:ブークの母

ブークの母親

 

◇ラッセル・ブランド/役名:ドクター・ベスナー

リネットにいかさま呼ばわりされた医師

  

◇アリ・ファザル/役名:アンドリュー・カチャドゥリアン

リネットの叔父で財産管理を委ねていた

 

◇ソフィー・オコネドー/役名:サロメ・オッタボーン

リネットを小説のモデルにしている作家

 

◇ドーン・フレンチ/役名:ミセス・バウアーズ

父親がリネットの祖父に破産させられて看護師

 

◇ローズ・レスリー/役名:ルイーズ・ブールジェ

リネットに結婚を破談にさせられたと思い込んでいるメイド

 

◇ジェニファー・サンダース/役名:マリー・ヴァン・スカイラー

リネットの真珠のネックレスを欲しがっている

 

こうやって登場人物をまとめてみると、全員が犯人になる可能性がありますよね。

 

 

【まとめ】 

映画『ナイル殺人事件』を観る前に知るべきことをまとめて書いてきました。

いかがでしたでしょうか?ミステリー作品なのであまり書くとネタバレになるのでこの辺で・・・。

 

この作品は巧みな人物描写からなる秀逸な伏線や船の上という密室に起きる事件の特異性を活かしたトリックが特徴です。

さらにこの作品はアガサ・クリスティ作品の中でも豪華な情景描写が多く、映画向きな作品になっています。

これはもう期待するしかありませんね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

前作 『オリエント急行殺人事件』を観て予習しておこう!