お気楽映画のすすめ

おすすめ映画を色んなカタチで紹介するブログ

規格外アメコミ映画【デッドプール】ネタバレなし映画レビュー

どうも、こんにちは。
本日は『デッドプール』です。

 

 

【作品情報】

2016年公開 108分

マーベル・コミックス同名キャラクターを基にしたアメコミ・コメディ映画。

『X-MEN』シリーズの8作目となる作品で、初めてR指定されたことでも注目された

”お下品”ヒーローアクション作品。

 

 

元傭兵の主人公は、人体改造により人並み外れた治癒能力と不死身の体を手にいれ、ジョークやお下品なことを口にしつつ暴れまくる。

 

◆スタッフ

◇監督・・・ティム・ミラー

アニメーターやオンラインゲームの視覚効果アーティストなどで活動していて、長編映画としては本作がデビュー作となる。

 

◆主要キャスト

◇ライアン・レイノルズ/役名:ウェイド・ウィルソン(デッドプール)

 [プロフィール] カナダ出身/1976年10月23日生まれ

「最もセクシーな男」と呼ばれてる彼だが、ヒット作には恵まれずにいたが(代表作に『リミット』や『グリーンランタン』などがある)、本作が大ヒットし、スターの仲間入りを果たした。

 

◇モリーナ・バッカリン/役名:ヴァネッサ

 「プロフィール」ブラジル出身/1979年6月2日生まれ  

TVドラマシリーズを中心に活動し、SFドラマ『V』(’09~’11)を経て、スパイアクション『HOMELAND』(’11~’13)では13年のエミー賞助演女優賞にノミネートされた。

 

◇エド・スクレイン/役名:フランシス

 「プロフィール」イギリス出身/1983年3月29日生まれ 

ラッパーとして活動していた。2012年に映画『LL Manors』で俳優デビュー。歴史アクション映画『バトルフィールド』を経て、リュック・ベッソン製作の人気アクションシリーズをリブートした『トランスポーター イグニション』の主演に抜てきされた。

 

◇T・J・ミラー/役名:ウィーゼル

 「プロフィール」アメリカ出身/1981年6月4日生まれ

コメディアンとして活動していた。2008年に 『クローバーフィールド HAKAISHA』で映画デビュー。その後、『アンストッパブル』や『トランスフォーマー ロストエイジ』といった大作にも出演。

 

 

【あらすじ】

 

ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の傭兵として活躍していたが、悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいた。そんなとき最愛の人ヴァネッサ(モリーナ・バッカリン)と出会い、結婚も決まり幸福の絶頂だった。しかし、いきなり末期ガンを宣告されてしまう。そして、ガンの治療と引き換えに人体実験の被験者となることを決めるが・・・。


 

【みどころ】

◇みどころ1

日本ではスパイダーマンっぽいやつ?ぐらいの知名度でしたが、デッドプールはアメリカ本国ではめちゃくちゃ人気のあるキャラクターです。しかも、今作はR指定となっており、お下品+グロシーンもあります。そんな作品なのにスター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の記録を超え、初週の成績は「20世紀フォックスの歴代興行収益」です。まさに規格外の映画と言えます。

 

◇みどころ2

『X-MEN』と関係は?

デッドプールは『X-MEN』シリーズにはいっています。

実は、『ウルヴァリンX-MEN ZERO』に本人がデッドプールで出演したのですが、原作と全く違う印象を与え、ファンに大ブーイングをくらっていました。

 

◇みどころ3

人体実験により並外れた治癒能力と不死身の体を持つ、デッドプールが日本や中国の剣法で魅せるアクションシーンは素直にカッコいい!!

 

◇みどころ4

ヴァネッサとの恋の行方。

人体実験後、彼女の前から姿を消したウェイド(デッドプール)は再び彼女の元へ戻れるか?

 

◇みどころ5

エンドロールも最後まできちんと見てね。

 

 

 

【感想】

R指定作品でお下品、グロシーンがありますがそこまでいやらしさはありません。

しかし、少しでも抵抗がある方のご観賞は注意してくださいね。

 

コメディ要素が高い本作ですが、いがいにシリアスな内容も含んでいます。しかし、基本マシンガンのように続くブラックジョークや戦闘シーンでの少しリアル殺傷シーン、視聴者に話しかけてくるといった異質な設定もあり、規格外の作品なので好き嫌いが多少あると思います。主人公が自分の出演作をいじるところは笑えます。

 

何にしても今までのアメコミヒーロー映画とは一線を引いている。

今まで『X-MEN』シリーズや『マーベル』シリーズをみたことない人でも十分楽しめる内容となっています。

 

あと、この作品でアメコミヒーロー映画の幅が広がったことはかなり大きな意味を持つと思う。

 

個人的には”1”より”2”がおすすめですが、”2” をみるまえには本作を先に観た方がいいです。いろんな意味で免疫ができますから。

 

 

【自己評価】★★★☆☆(3.5点)

 

 

今なら無料登録したら実質無料でみれるかも↓↓↓

 

 

 

この映画が気になった方におすすめな映画