お気楽映画のすすめ

おすすめ映画を色んなカタチで紹介するブログ

ネタバレなし【プリデスティネーション(2014)】考察なしレビュー

どうも、こんにちは。

本日は『プリデスティネーション』です。

 

 

ロバート・A・ハインラインの『輪廻の蛇』を原作とし、スピエリッグ兄弟が『デイブレイカー』に続きイーサン・ホークとタッグを組んだSF映画です。
原作の『輪廻の蛇』は短編集小説『輪廻の蛇』の中の表題作で、映画に比べると伏線の張り方と回収が短いページにまとめてあり、パラドックスのアイデアが際立つ作品となっています。
原作小説と映画を両方見ると、理解も深まるし映画版に"蛇足?”じゃなくて必要な要素を付け加えられた箇所も分かります。


映画版を手掛けたスピエリッグ兄弟はホラー映画を多く作っており、この作品もホラーとは違いますがダークな雰囲気が全体に流れていてより深みを加えています。

 

映画タイトルの『プリデスティネーション』を直訳すると運命や宿命という意味のようです。
内容は正にタイトル名の通り、良くも悪くも運命とは何かを描いています。
タイムパラドックス系の作品のなかでも超難解の部類に入るくらい難しく一回目ではなかなか理解できませんが、この手の映画が好きな方は必見です。

色々と考察して2回目観るのも楽しいですよ。

 

途中までは話の進み方が難しく理解できないですが、途中から頭の中でピースが次々と繋がって行き痛快爽快です。
途中に重要なセリフがあり、それがおおきなピースとなります。
連続視聴して”なるほど”となる所を自分なりに探して観るのも楽しめると思いますし、もしよければ原作もあわせて読むのもお薦めします。

 

主演のイーサン・ホークは流石でカッコ良く存在感も抜群でしたが、サラ・スヌークもこの映画で初めて知りましたが”ヤバい”です。
めちゃくちゃな存在感と演技力で本当に怖いくらいでした。

f:id:zubao:20201106152037j:plain

出典元:プリデスティネーション : フォトギャラリー 画像(3) - 映画.com

 

それにしても期待以上×2ぐらいの映画でした。

また、イーサン・ホーク&サラ・スヌークの共演も期待しております。

今度はさらにヤバくなりそうなので。

 

 

【個人評価】★★★★☆(4.0点)

 

 

 

イーサン・ホーク出演おすすめ映画

 

サラ・スヌーク出演おすすめ映画